自信を身につけるために「逃げない」

▼この記事を読むと、
 未来の自分が「あの時行動してよかった!」と
 今の自分に感謝してくれるようになります!

あなたは「逃げた」ことがありますか?

生きていると、いろいろありますよね。
しんどいこととか、直視したくないこととか、
もう辛いから「逃げ出したい」とか。

ぼくもけっこう逃げるタイプでした。
よくいう「本気出せばできる」とか、
全てに目をつぶって避ける!!とか。

で、そんなことを続けていると
どうなるかというと、

「浅い」人間が出来上がります。

浅い人間って何かというと、

・自分の意見がない
・とりあえず切り抜けられればOK
・がんばれない
・言い訳が多い
・自信がない
・他人軸
・自己肯定感が低い
・本気で語れるものがない
・発言が薄い
・好きと語れるものがない
・恋愛が弱い
・プライドが高い
・傷つきやすい

ざっと並べるだけでもこんな感じです。

乗り越えるべき壁から逃げて、
自分と向き合うことから逃げて、
なんとかその場しのぎで切り抜ける!

自分の心を直視しない!

そんなことを繰り返していると、
どんどんそれしかできなくなってくる。

で、ある時、大きな大きな壁にぶつかる。
自分の「逃げてきた経験」と「浅はかさ」を
痛感せざるをえないような出来事にぶつかります。

そして、思うわけです。
「自分と向き合わざるを得ない!」っと。

乗り越えるべき壁は必ず再配達される

人生は面白いもので、
逃げ続けたとしても、
しっかりと壁を乗り越える機会がちゃんと訪れます。

そう、自分の中でクリアできていないテーマは
ちゃんと形を変えて「再配達」されるんですw

安心していいのは、
乗り越えるべきときに、
その壁を乗り越えれば良いということ!

そうすることで、自分が大きく変わって、
そこから人生もどんどん良い方向に動いてくれるようになります。
わかりやすく言うと、世界が変わります。

今まで大きな壁を乗り越えた経験がある人は
「うんうん」とわかる部分があるだろうし、
まだ逃げ続けているな・・・と思う人は
ぜひ安心して、その壁を乗り越えていってほしいです。

自分が決めれば、変われます。
そして、逃げ続けていたら、
延々と同じテーマが再配達されちゃいますっw

僕も昔はかなり浅ーーい人間でした。
もちろん、自分ではそんなつもりはなかったんですけど。
物事に真剣に向き合うのが苦手で、
なんとか小手先でやりくりするタイプ。

で、新卒で入った会社で仕事を始めた時に、
めちゃくちゃ苦労しました。

・初めての仕事
・体育会系で多大な人生経験を積んでいる人たち
・わからないことだらけ
・受け身(従業員マインド)
・どんどん自分で何かをやりたいわけではない
・相手のことまで深く思考できない
・というか具体的思考が浅い
・コミュニケーション得意じゃない
・そもそも自信ない

本気で何かをやり遂げた経験とか、
真剣に何かに向き合ったり、
特に自分という人間と向かい合ったりが
できていなかったんです。

簡単に言えば「逃げ」続けてたんですよね。

で、責任感や忙しさやトラブルなどで
どんどん「キツい」と感じる日々。

「もういっそやめてニートになりたい」

「自分を思いっきり変えていく・・・」

このどちらかの選択をする局面に来ていました。

で、うすうす自分の浅はかさに気づいていた、
というよりここで頑張らなかったら
一生変わらないな、ということに気づいていたので
思い切って自分を見つめることを始めました。

自分と向き合うことの辛さ

ぼくは自分を知ること、
自分を向き合うことの大切さを発信してますが、
特に最初のうちは超つらいですよねw

とくにプライドが高ければ高いほど、
そして自分と向き合ったことがなければないほど、
精神的「苦痛」が半端ないわけです。

ただ、とりあえず少しずつでも向き合うことにしました。
とにかく紙とペンを持って、
自分の内面をひたすら書き出し続けるわけです。

・本当に望んでいることはなにか
・避けていることはなにか
・自分の好きなところ
・自分の嫌いなところ
・苦手なこと
・得意なこと
・許せないこと
・何が好きか
・何が嫌いか
・何をやりたいか
・何をやりたくないか
・自分の特性
・自分の本音

みたいなことを、
ひたすら書き出してみます。

なんだかむず痒かったり、
まだ本心じゃないことがとりあえず出てきたり。

同じテーマでも何度も書き出します。
何度も書いてると、
だんだん内容の濃度が上がってきたり、
本心が見えてきたりします。

で、自分をどんどん知るようになります。
そうしているうちに、
自分のダメな部分野変えるべき部分も
受け入れられるようになってきます。

逆に、自分の良い部分もしっかり認識して
それを強化していくこともできるようになります。

それでも、ほんとに最初のうちは、
精神的にキツいし面白くないので、
ちょっと書いては休憩、そして放置!
そんなことを繰り返していましたw

そういう作業をすこーしずつ続けていって、
自分を変える努力を継続、いや、断続していました。

それと同時に、
メンターである小泉憲一さんの発信から
大事なマインドセットをどんどん吸収していきました。

自分の悪いところやダメなことを認識し、
そこをどう言うふうに変えていくか。
それを明確にしていきました。

よく考えたら、
1−2年目の頃の自分は
本当に人間力も低いし、仕事もできないし、
そりゃ仕事も辛いし面白くないしダメでしたね。

人生経験も浅いし、小手先だけで
乗り切ってきた人間なんて、
簡単にボロがでちゃいますよね!

自分と向き合い、逃げることをやめたことによる変化

「自分を知る」ことができると、
すごい安心感が出てきます。

「自分の現在地がわかった」という状態ですね。
だから、次にどこに向かえば良いかもわかるし、
とりあえず自分がどこにいるかも分かる。

で、少しずつマインドと行動を変えていきました。

他の記事でもちょくちょく書いていますが、
・自分を大事にする
・深く考える
・相手が喜ぶ行動をする
・自分からたくさんの流れを作る
・誰にも負けないつもりで行動する
・自分が最後の砦だと思う
・起業家マインドで動く
・結果から、全体から、単純に考える
・具体化と抽象化を使いこなす
・「与える」マインドで動く
・陰徳を積む
・人とのご縁を大切にする
・自分と向き合うひとり会議時間を確保する
・「行動」だけが結果を手に入れられる手段
・枠を広げて自分の基準を上げ続ける
・すべての責任は自分にあると思う
・覚悟と決断ですべてを変えることができる
・感謝をしっかり行う。感謝力を上げる

などなど、いろんなマインドセットを吸収して
それを行動に移すようにしていきました。
で、自分のセルフイメージもどんどん変えていきました。

ちなみに面白いのは、
仕事の実力値がそんなに大したことなくても、
セルフイメージを変えれば結果が伴いますw
(もちろん、努力もしています!)

結局、社内でも人間関係に恵まれて、
先輩には可愛がられ後輩には慕われるようになり、
取引先からは転職を誘われたり取引先評価でベスト3に入れてもらったり、
転職前に10億円以上のビジネスを作って、
円満退社することができました。

自分と向き合うのにコーチングはめちゃくちゃ最適

今思えば、自分で自分と向き合うのも一つなんですけど、
誰かのサポートがあればもっともっと変化は
早かったなと思います。

実際自分がコーチングをしていて、
クライアントさんの変化が
驚くほど早くてびっくりしています。

僕が「イヤダーイヤダー」と思いながら
1年くらいかけてやってきたことが、
1ヶ月くらいで起こるようなイメージですw

昔の自分と同じように
大きな壁でつまづいている人、
あるいは、壁は乗り越えてきたけど、
また新しい壁にぶつかっている人、

そんな方々のサポートをして、
僕にサポートを申し込んでくれた人の人生が
大きく大きく好転してくれれば、
これほど嬉しいことはないと思ってます!

なんとなく行き詰まってるなぁ
壁から逃げてるなぁ
とりあえず背中押してほしいなぁ

と、少しでも興味が出てきていたら、
ぜひ、体験セッションにお申し込みください(^^)

あなたの最強の味方になる
ライフサポートコーチング体験 1h ¥3,000

公式LINEまたはInstagramのDMから
お気軽にお問い合わせください!

今すぐ公式LINEに登録する!

<ここからはバチェロレッテをご覧の方のみどうぞ!>

ちょっとお話が変わるんですけど、
2020年10月のいま盛り上がっている「バチェロレッテ」

複数の男性人がセレブ女性にアプローチする中で、
ぼくはイベントオーガナイザーの「藤井さん」の
1 on 1デートが非常に印象的でした。

バチェロレッテの萌子さんに
「どうして私を好きになったのか」
「どんな自分になりたいかという理想」
を聞かれて、

自分と向き合うことを避け続けていたことが
辛く悔しくも露呈してしまうシーン。

でも、しっかりそれを受けて止めてもいる。
その瞬間はかなり辛い。
ただ、大きな変化点になるだろうなと
応援する気持ちで見ていました。

改めて自分と向き合うことの大切さを
再認識できたタイミングでした。

関連記事

  1. 「記録」こそが〇〇の魔法の鍵である!

  2. さっさとセルフイメージを上げる方法

  3. 「自分褒め」は人生を大きく変える!

  4. たったこれだけでも自信は変わる!

  5. 現実的に自信をつける方法

  6. 存在レベルで自分を受け入れる