長所をリストアップすることの絶大な効果

こんにちは。高岡です。
もっと自信を持ちたい、セルフイメージを上げたいと
考えている人におすすめしているのが、
自分の長所を100個書き出すことです。

「あなたの長所は?」と聞かれたときに、
すぐに答えられるかどうか。

そもそも人は自分の事を良くわかっていないのに、
いきなり長所を聞かれても
簡単にスラスラ答えられませんよね!

特に、自分に自信がない人は
自分の長所を言うことに、
ものすごく抵抗があると思います。
(否定グセ&否定された経験が脳内にこびりついているからです)

・・・
ということで、まずは長所を100個書き出したら
どんなメリットがあるのか?
結果から見ていきましょう。

長所を100個リストアップした時の効果

まずは箇条書きでズラっと書きます。

・自分の持っている良い部分に気づける
・考え方や視点をポジティブに変えられる
・自分のスキルを認められるようになる
・自分のスキルを伸ばそうと思えるようになる
・短所を長所と考えられるようになる
・自分の本音に向き合えるようになる
・自己肯定感が上がる
・自信がついてくる
・思考の癖が変わってくる

こんな感じです。
いきなり「お金持ちになった!!」とか
「めちゃくちゃモテ始めた!」とか

そんな喉から手が出るような成果が出るわけじゃないんですがw、
確実に自分の内面に変化をもたらしてくれます。

やり方としては、毎日3つずつ長所を挙げていきます。

地道に自分の良いと思えるところを
継続的に書き出していくので、
習慣化→脳内に新しい思考回路が生まれてきます。

筋トレをイメージして頂けたら
分かりやすいかと思います。

とはいえ・・・

長所をリストアップすると言っても、
こんな抵抗や疑問が出てくると思います。

・そんなに長所なんてねーよ
・意味がわからない
・はずかしい
・ほんとに効果あるの?
・アホくさい
・こんなことしてたらバカにされる
・自分には何もない・・・

わかります。
特に日本の文化だと、自分で自分の長所を
100個もリストアップして持ってます♩なんて言うと
(若い世代の方だと)

「ナルシストww」とか「自分大好きwwきもっw」
「恥ずかしいわーw」とか
否定されるような場合もあるかもしれません。

大人だとしても、昔の経験や世の中のイメージから
なんとなくそんな風に感じてしまう・・・
あるいは、なんだか抵抗がある・・・と思うかもしれません。

ただ、そんな思いや人達は一蹴すれば良いです。

「自分の長所を明確に把握していて自信を持って言える」
そして「その長所を使って世の中の役に立つ、
価値を生み出している、人を喜ばせている」
(そうしようとしている)

そんな人達の方が圧倒的に魅力的です。
自分の長所を認識して
自信に溢れている人のほうが魅力的だな、と思います。

そして、それだけの価値を生み出そうと思うなら、
自分の長所をしっかり伸ばす必要があるし、
そのためには自分でしっかり把握しなければならない。
だから、この作業は必須だと思ってるんですね。

また、上に書いたように、「他人の発言が気になって
リストアップなんてできない!」というわけではなく
単純に「自分には何もないしめんどくさい・・」とか「どうせ変わらないわ」
そう思ってしまう場合もありますけど、

どうせ何もないし変わらないままなんだったら、
やって損はないからやってみるべきですw

さて、ここから具体的な話をしていきます。

オンラインコミュニティでの
長所リストアップの実践

僕がめちゃくちゃお世話になっている
オンラインコミュニティ「Players」にて
この長所を100個リストアップする取り組みを
十数名の方に実践して頂きました!

※PlayersはShinさんが運営されている
オンラインコミュニティです。
詳しくは以下をご参照ください。

仕事の悩みを解決するオンラインコミュニティ「Players」とは。

個別チャットで毎日書き出してもらったり、
グループチャットで「チーム」として皆で書き出しあったり。

実践して頂いた皆さんは毎日きちんと継続して頂いて、
そのフィードバックまで頂き、
本当に感謝しています!

その中で一つ、具体的な効果を書いて頂いた感想がありますので、
掲載します。

私はこのチームのおかげで私の人生における
クリティカルな課題が1つ改善したと言っていい
くらい感謝しております!(笑)
背景として、私は今の仕事や環境に全くと言っていいほど
不満はなく、基本仕事も楽しいし周りからの評価も
そんなに低くないのですが、ポータブルスキルとして
自信を持って語られるスキルがないことに
強いコンプレックスを抱いており、
自分はスキルがない=人材価値が低い、
みたいなセルフイメージがすごく強くなっていました。
(※ポータブルスキル:ビジネスに必要な普遍的な技能)
チームに入り、みんなと課題を実践していく中で、
今までと違った見方を習得し、
同じ課題に対して全然別のアプローチがとれるようになりました。
具体的には、
Before:ポーダブルスキルがない→自分には価値がない
→圧倒的なスキルを習得して価値をつけなければ→
なかなか習得できない→価値がないダメだ
のスパイラルにはまっていましたが、
After:ポーダブルスキルがない
→自分のスキルの言語化が弱いこと、が
原因ではないかと思うようになってきました。
今もポータルブルスキルがうまく言語化出来ないところは
何も変わってないのですが、言語化する為に何が必要か見えてきて、
それは訓練中です。今までとは違い、
自分の中には沢山素晴らしい所があって、
見せ方さえ学べばいいんだ、
というマインドに変わりすごく気持ちが楽になりました。
変化のきっかけになったのは長所リストアップだったと思います。
アドバイスを受けて「過去にちょっとでも褒められたこと」などを
長所として宣言できるようになってきてから、
自分のスキルについても「誰かにちょっと褒められた」事を
そのまま素直に「そうか、私は〇〇がどちらかというと得意なんだな」と
思えるようになりました。 今までは周りの優秀な人と自分を比較し、
あの人みたいなレベルには全く及ばないので
「自分には〇〇の能力があるなんておこがましくて言えない」
と考えがちでした。これだと、眼に映る全ての人より優れたスキルを
得られるまで(恐らく一生無理)「自分には何の能力もない」と
暗示をかけ続ける事になる所だったのかも、なんて今は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です