自己肯定感を高める「すぐやる力」

「すぐやる」

これは、「モノゴト後回し族」にとっては
とてもとても難しい所業ですw

僕たちは、
「お、あとでやれば良いや!」と思った瞬間に
大きな過ちを犯していたりします。

人って、何か目の前にやることがある場合、
大抵”すぐにやることがベスト”です。

・誰かへの連絡や返信
・片付け
・何かの予約や手配
・レポート作成
・たまった仕事
etc…

そう、人はとにかくなんでも
後回しにしたくなります。

後回し最高ですよね。
その瞬間は解放されます。
ただし、解放されるのはその瞬間だけですw

時間が経てば経つほど、失うものが増える

例えばなんですけど、
誰かにメールやLINEの返事をしないといけない場合。

その内容が、やや気を遣うものだったりして、
「ちょっと後にしよう・・・」と
後回しにしたとします。

そういう場合は結果的に
返信がギリギリになり
追い込まれて更に気を遣って返事をすることになったり。

後回しにしたけど、
結局頭の片隅でずっと気になってしまって、
他のことを楽しもうにも思いっきり楽しめなかったり。

他の例で行くと、お店の予約。
「んんー、どこにしようか・・・」
予算や店の雰囲気、場所、人数、
食べ物の好み、個室の有無、喫煙可否、
みんなからの評価などを気にすると、

おおーー、考えることがいっぱい!めんどくさ!!
「あとにしよ!!!」
と思ってしまいます。

でも、お店の予約なんてものは、
その日が近づいてくるにつれて
どんどん予約が埋まって選択肢が減っていきますよね。

そして、結果的には
「お店の案内を早くしないと・・!」という
プレッシャーを感じながら
「うおお!この前は空いてたのにいっぱい!!」と
更に追い込まれた状況に陥っていきます。

こんな時に、
・すぐにやっておけばよかった
・つい後回しにしてしまう

こうやって自分を責めてしまいます。

成功者はみんな行動レベルの桁が違う

さてさて、
どうしても後回し癖から脱出できない!
という人も、一回試して見て欲しいんです。

例えば「この日はやるぞ!」と決めて、
できれば「ゆっくりしよう」と思っている土曜日などで、
いつもは後回しにするタスクに
すぐに取りかかってみて欲しいんです。

僕の周りで自信のある人、自己肯定感の強い人、
能力が高い人、経営者、オーナーなど
人生を有意義に過ごしている人は、
驚くほど行動が速いです。

「すぐやる」ことが当たり前です。
なぜなら、それがベストだと分かっているから。

残念ながら、モノゴトは後回しにすればするほど
余計にエネルギーを必要としますw
後回し族としては、悲しいですね。。

ただ、少しでもすぐやる癖をつけていくと、
だんだん楽しくなってきます。
その効用が身に染みてわかるからです。

僕の超絶自由人の会社オーナーであるメンターや、
その周りの人たちは、
「よし、やろう」と決めたら、すぐに動きます。

マインドセットとしても、
「意思決定をせずにその場を離れるな」と言われています。
実際に大きな大きな結果を出している人たちの
行動の速さと見ていると、

そして行動が速いからこそ生み出せる
行動量の多さを見ていると、
頭が上がりませんw

即行動すると、自己肯定感が上がる。

さて、後回し癖が強い人には
特に即効性があるんですけど、
実際にすぐやるだけで、自己肯定感が上がります。

ここはけっこう単純です。
「今まで出来ていなかったことをやった」ということと、
それをやり終えた時に驚くほど心が軽いはずだから。

一見、地味で大したことがないかもしれませんが、
心の中では大きな大きな変化が起きています。

自己肯定感をあげる方法として、
即効性があり、わかりやすいメソッドですので、
ぜひ「即実行」していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です