「自分褒め」は人生を大きく変える!

こんにちは!高岡です!

あなたは自分を褒められるだろうか?

日本だと、なかなか自分をストレートに
褒めることができない人が多いです。

一方、
「おれはかっこいい!」「私は可愛い!」「今日もよく頑張った!」
「諦めずに努力した!」「良い結果を出せた!」などなど、
何かしらの根拠に基づいて自分を褒めることができる人もいます。

このように、なんらかの理由を根拠として、
自分を褒めることも勿論大事なんですけど、
さらにレベルを上げた世界があります。

無条件で自分を褒める。

そう、自分を褒めることを突き詰めていくと、
無条件で褒めるということに到達します。

ただ単に褒めるんです。

「あ〜こうやって椅子に座っている自分も良いな」
「だらだらテレビを見ている自分も素敵だな」
「今のくしゃみの仕方はよかった」
「今のビールの飲み方は格好よかった」
「呼吸しているわたしも最高だな」
「歯の磨き方が素敵だわ」

 

・・・

理解できないでしょうか。(笑)

ただ、これこそが無条件に自分という存在を
受け入れている状態であり、
セルフイメージが高く、
自分の存在価値を認められている世界なんです。

こんな風に自分で自分を褒めることができて、
自分のことを深く受け入れている状態なので、
他人に何を言われようが関係がなくなるし、
他人に認めて欲しいがために、浅はかな承認欲求のために
無駄な言動で空回りをしてしまうことも無くなります。

そもそもセルフイメージが低い人からしたら
信じられないかもしれないんですが、
セルフイメージが高い人たちからすれば
けっこう当たり前だったりする。

あなたも、感じたことがないでしょうか?
「なんだか自分は居心地が悪いのに、
この人は余裕があって楽しそうだ。」

「自分への自信が溢れているのか、
愛されているし批判を恐れてなさそう・・」

そう、世の中には居る。
セルフイメージが高く、自分への愛情に満ちていて、自信満々な人が!

褒め日記の効果

手塚千砂子さんが著者の「褒め日記」という本があります。

自分を褒めることの効用が丁寧に解説されており、
自分を褒めることの大切さもわかりやすく書かれています。

そのため、そのあたりの主な解説は
この本とAmazonレビューにお任せするとして(笑)、

僕自身が褒め日記を継続した結果をお伝えすると、
やはりセルフイメージは上がりました。

まずはちょっとした頑張ったことや、
普段やっている当たり前のことを
褒めることから始めるんですが、

そのあとは先ほどお伝えした「無条件の褒め」、
言い換えれば「自己肯定」を気がつくたびにトライしました。

最初は抵抗しかないんですけど、
繰り返していくうちにその抵抗はなくなってきます。

そして、やっているうちに
無条件で自分を認めることの大切さを実感してきます。

なので、自分を変えたい、
セルフイメージを上げたい、
自信を持ちたいと思って居る人は、

ぜひ褒め日記から入り、
無条件で自分を褒められる領域に達してください!

「自分を褒める」ということを突き詰めていくと

そして・・自分を褒めることができるようになると、
他人もうまく褒めることができるようになります。

そこで、「他人をうまく褒めている自分も最高だな」
「周りの人を喜ばせて居る自分はカッコ良いな」
と思うこともできるんですけど、

周りに「喜び」という価値を与えていくことで、
人間関係も円滑になっていき、
現実でのプラスの影響が生まれてきます。

そして、何よりも「自分への愛情を深めていくこと」ができる。
自分に自信がない人や自分のことが嫌いな人が、
「自分の今のエレベーターのボタンの押し方は最高にかっこ良いな」
とはなかなか思えないですよね。(笑)

でも、自分褒めを突き詰めていくと、
抵抗なく、「今ここ」の瞬間に
自分を受け入れて肯定できるようになってきます。

その時が、あなたのセルフイメージが変化した時です(^^)

ぜひ、実践してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です