存在レベルで自分を受け入れる

こんにちは!高岡です。

あなたは”存在レベル”で
自分を受け入れることができているでしょうか?

と言っても、「存在レベルで受け入れる」って
あんまりピンと来ないですよね。早速見ていきましょう。

存在レベルで自分を受け入れるとは?

簡単にいうと、
「今ここに存在しているだけでOK、自分には最高の価値がある」
と思えることです。
もっと具体的に考えていきましょう。

人はみんな、それぞれ「こうあるべき」
という観念を持っています。

その観念は、今の生活環境や職場環境から
ダイレクトに来ているものもあるし、
これまで生きてきた人生の中で、
幼少期や思春期などに培われてきたものもあります。

で、人って、自分を認めるために
びっくりするくらい自己流の”条件”をもっていたりします。

自分は◯◯じゃないと認めてもらえない、
自分は◯◯じゃないと価値がない、
こんな感じです。

で、高い目標や条件を掲げていたりして、
今の自分を否定し続けてしまう…

これは、とても苦しいしエネルギーを消耗します。
今の自分には価値がない、と定義していることになります。

現状に甘んじることとは違う

じゃあこの”存在レベルで自分を受け入れる”は、
なにも努力も変化もせずに、
現状に甘んじるということなのか?
それは違います。ポイントが違っています。

良い仕事についているべきとか、鼻がもう少し高い方が良いとか、
ブランドバッグを持っていないととか、無職のままで良いとか、
仕事が出来なくても良いとか、彼女が居なくても良いとか、

そんな条件や状況や環境なんかを全部取っ払って、
単に自分の存在を受け入れる、それだけなんです。

自分を丸いボールだと思って、
それを受け入れる感じです。

これができるかどうかで、
人としての根本的な土台がしっかり固定されます。

これができないと、
どれだけ表面的なところで満たされたとしても、
“物足りなさ”が付き纏います。

繰り返しになりますが、
単純に現状に甘んじるっていう話とは違います。

自分を受け入れないまま努力してもしんどいだけです。

もちろん、自己否定を原動力とすることもできますが、
それよりも自分を丸ごと受け入れて正しい方向に努力する方が
トータルで見て建設的&効率的だとなんですね!

行動が制限されるかどうかが段違いです。
エネルギーの消費量も段違いです。

どうやって存在レベルで受け入れているのか?

”存在レベルで受け入れるったって、なかなかできねえよ。”

最初はもちろん、抵抗も大きくて難しいと思います。
そうなんですけど、とにかく”やる”。これに尽きます。

で、とにかくやって、
まずはさっさとその効果を受け取って下さい。

どこかで「お?」と思える変化が出てきます。
今までは居心地が悪かった瞬間などで、
“あれ、自分を受け入れられてるな”とか、
“不思議な安心感があるな”とか。

人から褒められたら、違和感がないとか。

で、だんだん自分を受け入れることが
デフォルトになってきます。

勿論、自分を存在レベルで受け入れたつもりが、
やっぱり出来てなかった!
みたいな瞬間も出てきますが、これも繰り返しです。

継続しているうちに、自分を受け入れている時間の方が
段々長くなってくるので、
安心して続けて下さい。そしてそのうち、
自分で自分を肯定することにも違和感がなくなってきます。

自己肯定が出来るようになれば強い。

自己肯定が出来るようになると、色々うまく回り始めます。

自分を肯定するために、周りの評価とかコメントを
条件にしてしまうことを100%やめることは中々難しいですが、

それでも、”自分で自分の評価を決める” ”自分で自分を認める”
“自分で自分を満たす”その割合は段々増やしていくことができます。

そうすると、いちいち他人に承認を求める必要も無くなってくるので、
時間もエネルギーと思考も更に有効活用していくことができます。

ということで、
存在レベルの自己肯定を習慣化していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です