”モテる”とセルフイメージ

こんにちは!高岡です。

”モテ”に関するセルフイメージのお話です。
さて、いきなりですが、
セルフイメージが高かったらモテます。

また、”自分はモテる”という
セルフイメージを持っていればモテます。

自分=世界という基準で考えれば
当たり前のことなんですが、これは事実です!

ちなみに、”自分はモテる”と
思い込もうとしている人じゃなくて、
”自分はモテる”と確信してる人がモテます。

そもそもモテるってどういうことなのか。
男なら女性からモテる!女性なら男からモテる!
あるいは、人間的にモテる!色々ありますが、

まとめるなら「魅力的だと思われて、好かれる」ことですよね。
実際、モテる人は男女とか関係なく人間的に魅力のある人が多い。
そして、そういう人たちは概してセルフイメージが高いです。

僕もこれまで色々なモテる人を見てきましたが、
ある先輩で常に女性が途絶えず、それどころか
基本的に複数の女性を惚れさせている人が居ました。

で、その人のセルフイメージは完全にぶっ飛んでました。
「ちょっと自分はモテるぞ〜」とかそういうレベルではなく、
モテることは確信しているし、惚れさせる自信に満ち溢れてました。
実際に「本気になれば惚れさせる」と女性に言ってることもありましたし、
実際に惚れさせてたから感心したものでした。(笑)

銀座で働いている女の子にも、
かなり自信に満ち溢れて魅力的な人は居ます。

もちろん職業柄もあるでしょうけど、ベースとしては
やっぱりセルフイメージは高い。
自信に満ち溢れてるから魅力的に感じてしまうし、
「私のこと好きでしょ」っていう強気な発言もサラっとできる。

そもそもセルフイメージが高い分、
自分が「嫌われる」とか「よく思われない」
っていう発想は無いし、

そう思われたとしても本人には特に響かない。
なぜならベースのセルフイメージが高いから、気にしない。
(もちろん気にしてる人も居たりしましたが、
その時はその時で、変わらずモテるベースは
変わってませんでした。)

なぜモテると思っていたらモテるのか。
大前提は自分の内面=現実だから、と言えるのですが、
もう少し具体的に色々見て見ましょう。

まず、自分の内面は雰囲気で滲み出ます。
その前に、目に見えない何かで伝わっていて、
それが雰囲気となって現れてくるんだろうなぁと
思いますが、これは間違いないです。

実際、オーラある人とか雰囲気ある人とか
色々感じますよね。

当たってる時も当たらない時もありますが、
人は無意識の内にこの人は賢そうだとかアホそうだとか、
魅力的だとかオタクっぽいとか、優しそうだとか暖かそうだとか、
感じ取っています。

で、雰囲気に出てるってことは、自分の内面は
一つ一つの動作、表情、目の動き、口の動き、
振る舞い、発言内容、行動、全てに繋がっています。

さらに、自分がモテると思っている人は
自分がモテるための思考をして、行動をする。

そうじゃ無い人は、”モテない”を前提に思考して行動する。

例えばファッション一つとっても、モテる人は
モテる人であるべくきちんと身だしなみに気を遣う。

一方、モテないと思ってる人は、
自分がそこまでする必要はないとか
自分はそんなファッションに気を遣う人間じゃないとか
そういう部分でもブレーキが掛かってしまう。

モテないって思ってる人、言い換えると
”自分はモテると思っていない人”が、
モテる言動をとれるわけがないですよね。

だから、モテたい人はまず自分が”モテる”と決める。
そして、自分はモテるというセルフイメージを持てば良いです。

僕の周りの友達や先輩や後輩、モテる人はみんな同じでした。

ここで、想像してみてください・・・

例えば、あなたが彼氏が欲しくて
悩んでいる独身の女性だとしたら、

今までは相手にされないと思っていたような
素敵な男性から熱い眼差しを受け、
自分のことをすごく好きになってもらい、
積極的なアプローチを受けている。

あるいは、飲み会や合コンに行くたびに、
不思議といつも楽しく盛り上がり、
必ず相手の男性が惚れてくる。

あるいは、あなたが彼女が欲しくてたまらない、
女遊びがしたい男性なら、
そんなに苦労せずとも自然と女の子といい感じになれるし、
可愛い子と飲みに行けたりそのまま盛り上がってお楽しみできる。

セルフイメージを変えれば、
こんなことも当たり前のようになってきます。
ただ、ちゃんと自分と向き合って、
セルフイメージをしっかり変えることが必要です。

今回はセルフイメージがどのように
”モテる”ことに影響してくるかを
お伝えしました。
ぜひ、参考にしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です