セルフイメージが低いことによる失う〇〇

こんにちは!高岡です。

セルフイメージが低いと、
どんなデメリットがあるのか。

しっかりと理解してもらえるように、
具体的に説明をしていきますね。

人はデメリットを理解すれば、
ちゃんと改善しようと思うものなので、
これもセルフイメージ改善の
とても大事なステップになります。

早速ですが、最初にデメリットを一言で伝えると、

「時間もお金も奪われる」です。

これについて、噛み砕いて説明していきますね。

人は反応させられる生き物

人は、常に何かに反応させられています。
動物だから当然なんですけど、

五感を使って周りの情報を受けて、
それに応じた行動を
”意識的”かつ”無意識に”とってしまいます。

広告を見たら興味を持つ、
美味しそうなものを見たらお腹が減る、
悪口を言われたら不快になる、
青信号を見たら急ぎたくなる・・・

こうやって周りのあらゆるものに
常に反応させられています。

そして、セルフイメージが低い人は、
より周囲に反応させられやすくなります。

セルフイメージが低い≒自分には価値がない

と思っていると、自分軸を持てないため、
すぐに周りの情報やすごい人、
影響力のあるもの、権威性のあるものに頼ってしまい、
反応させられてしまいます。

そして、常に他人の意図に
振り回される側に立ってしまうため、
お金も時間も本来自分の為に使うべきところを、
不必要なことに大量に消費してしまうことになる訳です。

世の中の商品やサービスやビジネスには、
良いものも当然たくさんありますが
不要なものもたくさんあります。

そして、時には悪意ある悪い商品やサービスもある訳です。

どんな商品にしろ、マーケティングがしっかり行われています。
だから、売る側は積極的に反応を誘うように広告を打ち出す。
それに対してどれくらい反応してしまうのか。
そこが、大きく変わってくるわけですね。

人は承認欲求を満たしたい

また、人は承認欲求を満たしたい生き物です。
セルフイメージが低いと、
自分で自分を認めることができません。

だから、他人から承認を得ることに必死になってしまいます。

人の一番の願望は、
「自分自身を好きになること」だと思っています。

だから、一番手取り早いのは
自分で自分のことを認めて好きになること
なんですが、なかなか簡単じゃないですよね(笑)

簡単じゃないからこそ、そう、
大多数の人ができないからこそ、
承認欲求を満たすための仕組みやサービス、会話、生活・・・
が、この世の中には溢れています。

友達との会話で少しでも自分に優位性を感じるために
マウンティングをしてしまったり、

幸せそうに見られたいがために
幸せな自分を演出し、流行を常に追いかけたり。

そういったことばかり考えて
人生の時間を無駄にしてしまったり、
時にはお金もたくさん使ってしまったり。

これまでのお話のように、セルフイメージが低いと、
「お金や時間を失うデメリット」があります。

当然、他にも失っているものもたくさんあります。

ただ、一概にセルフイメージが低いことを全否定はしません。
セルフイメージが低い時にしか分からないこと、体感できないこと、
学べないこともありますし、変えたくなったら変えれば良いんです!

また、セルフイメージが低くても
”今”を楽しみ続けられるならOKだと思っています。
というか、もしそれができるなら自然とセルフイメージは
変わっていくと思いますが・・・

人はセルフイメージ通りの人生を生きてしまいます。
思考、行動、発言がセルフイメージに従って決まってくるため、
当たり前と言えば当たり前なんです。

そのため、願望があるのに中々実現しにくかったり、
現状に不満をたくさん感じてしまったりします。

そして、一旦負のスパイラルに陥ってしまうと、
なかなか不自由を感じる人生から
抜け出せなくなってしまいます。

だから、もしあなたが自分を変えたいのなら、
自分自身と本気で向き合っていく必要が出てきます。
最初は大変でも、必ず変えていけます。

ぜひ、このブログも参考にしながら自分自身と向き合って
いってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です