セルフイメージが人生を決める

人は自分が思っている通りに行動する

人は「自分はこういう人間だ」という
セルフイメージを持っています。
そしてその通りに行動しています。

例えば年収500万円の人は
自分をそのレベルの人間だと思っているし、
年収1,000万円の人は自分をそれくらいの
価値があると認識しています。

自分の中の「当たり前」が違うわけですね!

「おれはモテる!」と思っている人は
そうなるように行動するし、

「仕事ができる」と思っている人は、
その結果に見合う思考・選択・行動をする。
実際にそのようにしています。

逆に「ぼくはモテない」と思っている人は、
モテない行動をとってしまいます。

一見かっこよかったり可愛い人でも、
自信がない場合は魅力がなくて案外モテない。

「仕事ができない」というセルフイメージに
なってしまっている場合、本来は能力があっても、
仕事ができない人として思考を制限し、
行動も制限されてしまったりします。

 

セルフイメージがどれくらい人生を左右しているかを知ろう!

最近はセルフイメージの大切さが
よく取り上げられているので、
あなたも、何となく大切なのは
分かっているかもしれません。

僕自身、この手の話は半信半疑でした。
今は”間違いない”と理解しているので、
できる限り分かりやすく伝えていきたいと
思っています。

さて、セルフイメージがどれくらい人生を左右しているか。
最初に書いた通り、人生を決めているようなものです。
セルフイメージ=あなたの人生なんですね!

なぜなら、人はセルフイメージに従って物事を
考え、選択し、行動するんです。
そしてセルフイメージの型にハマるように
人生を送っていくんですね。

同じような事を繰り返しお伝えしてるんですが、
まずはあなたにこの一番大切なことを、
深く、徹底的に理解頂きたいと思っています。

人は自分が思っている通りに他人から扱われる

なぜ、セルフイメージが人生を決めるのか??
それは、人は「自分はこういう人間だ」と
思っている通りに周りの人に扱われてしまうからです。

心の中のセルフイメージは、相手に伝わるんですね。
”非言語コミュニケーション”という言葉を
聞いたことがあるでしょうか?

人にコミュニケーションにおいて、
言葉はたった10%しか影響を与えないと言われています。
そのほかの90%は
非言語(ノンバーバル)コミュニケーションなんです。

その90%は視覚、聴覚、嗅覚などの
情報が大きく占めているんですが、
それと一緒にセルフイメージも間違いなく伝わってるんですね。

姿勢、雰囲気、オーラ、
そのような”何となく”分かるものも含めて、
セルフイメージも一緒に伝わっています。

そもそも人の性格は顔にも雰囲気にも現れるので、
伝わって当然ではあるんですけれど(笑)、
人間も動物なので、微妙な機微や雰囲気から
相手の性格や雰囲気、そして自己肯定感などを察知していて、

意識的にも無意識的にも
それに合わせた対応や扱いをしてしまうんです。
※この無意識的にも、という部分は非常に大切です!
悪意がなくても相手をセルフイメージ通りに
扱ってしまってあげることになるからです。

あなたが何となく周りから蔑ろにされる事や、
大切にされないこと、ぞんざいに扱われること、
そのような感じを受ける場合は、

今すぐに自分を大切にして
セルフイメージを爆上げするべきです!

一体どれくらいのレベルかと言うと、
「宇宙一価値のある自分」と思えばOKです。

自分のセルフイメージがどうなっているかを知ろう!

ということで、まずは自分のセルフイメージを知りましょう!
自分のセルフイメージとしっかりと向き合ってみるんです。

あなたも大体のイメージはわかると思います。
大抵、人は「自分はこういう性格だ」
「自分はこういうキャラだ」という認識を持っています。

また、今の自分の環境を振り返れば
自分のセルフイメージのレベルも分かったりします。

ここで一つ大事なポイントなんですけど、
セルフイメージが低い人は素直になれない傾向があります。
僕が以前はそうだったので、よく分かります。

「いやいや、おれはセルフイメージ低くないし!」
「他人に蔑ろなんかにされてない!」
「なんか向き合いたくねえ」

こんな感じで無意識の抵抗やプライドが
邪魔することがあります。

ただ、そんな場合でも心のどこかでは
理解できているはずなので、
ここはぜひ乗り越えてくださいね。

本当にもったいないです。
そんなところでくすぶっている場合ではないんです!

自分と向き合う方法などもこのブログでお伝えしていくので、
ぜひ、一度自分自身を見つめてみてくださいね。

まずは、自分のセルフイメージが
人生を決めているということを
認識してみてください!

15 件のコメント

    • コメント有難う御座います。
      スピリチュアルよりは、人間の心理や脳の仕組みに基づいた
      現実的なものに近いかなぁと個人的には考えています。

      目指すところは、スピリチュアル(引き寄せなど)な部分を
      具体的なストーリーなどを交えて
      より現実的に伝えていきたいと思っています。

      • 重ね重ね質問してすみません。主さんは1度でもスピリチュアルの勉強をしたりサイトを検索したことがありますか?

        • 長期で出張に出ており、返信が遅くなってしまいました!すみません。
          スピリチュアルに関しては本を読んだこともありますし、
          色々調べたこともありますよ!
          胡散臭く感じてしまう気持ちはよくわかります。
          僕も割と慎重派なので、自分で実体験ができたり、ロジックで理解できたことは
          受け入れるようにしています。
          スピリチュアルといっても幅が広くて、
          脳科学や心理学に基づいた内容もあったりしますね!

          自己否定については、小さいころからつい自分を否定してしまっていました。
          自信が無い人は、みんな自己否定をしてしまっていると思います。

          • と言うことは7:3でしょうか?この割合ならかなり自己肯定感が高いし仮に自己否定しても普段からしているわけではなく時たま自己否定の念が出てくるだけですから基本的に自己肯定感は高いですよね?時たま自己否定するなんて普通のレベルですよ。あなたのセルフイメージは基本、かなり高めです。

          • (「自分を大切に思う」ように心がけながらも、自己否定はありました。)
            ということは肯定:否定 8:2といった感じの割合でしょうか?基本的に自身を肯定していても時たま自分は何でこうなんだろう…とか、自分はここがダメだな~と思うという感じでしょうか?

          • 返信が遅くなりすみません!
            肯定と否定の割合はもう少し否定が多いくらいだったと思います。
            感覚はおっしゃる通りです。否定が多いときはやはり上手く行っていませんでしたね!

          • >このサイトも凄く納得出来る内容で読んでいて凄く為になります。
            ありがとうございます(^^)そのように感じて頂けて嬉しく思います。

            自己否定の件ですが、
            「自分を大切に思う」ように心がけながらも、自己否定はありました。
            思考は1日に何度も変化するので、否定したり肯定したりの繰り返しだったと思います!

            特に、自己否定をして自分で自分を大切にできていないと、
            周囲から承認欲求を得ようとしてしまいます。
            このあたりは原因の一つになりやすいのでは、と個人的に考えていました。
            僕も更に勉強してみようと思います。

          • なるほど。心理学や脳科学は書籍で知識を取り入れたのですね。スピリチュアルも私は引き寄せの法則とか因果応報、カルマなどは馬鹿馬鹿しいと思ってますがそれでもスピリチュアルの全てが嘘やデタラメだとは思えません。現実主義者の私でも腑に落ちる内容もちゃんとあります。あなたのこのサイトも凄く納得出来る内容で読んでいて凄く為になります。それと自己否定の件については自己否定してても自分を大切に思ってたと言いますが自分を大切に思う、してる時点で自己否定してませんよね?(なんだかケチをつけてるみたいですみません)

          • そう言えば主さんは自分の記事の内容を脳科学、心理学に基づいて書いていると言いますが主さんは大学で脳科学や心理学を学んでたんですか?

          • >そう言えば主さんは自分の記事の内容を脳科学、心理学に基づいて書いていると言いますが主さんは大学で脳科学や心理学を学んでたんですか?

            私の記事は、明確に脳科学や心理学を引用して書かれているわけではありませんので、
            念のため誤解がないように訂正させて頂きますね。
            (その場合はそのように記載します。)

            「スピリチュアルといっても幅が広くて、
            脳科学や心理学に基づいた内容もあったりしますね!」
            この文章の意味は、
            「スピリチュアルで語られる内容も、
            実は脳科学や心理学にリンクしているものもある」程度で捉えて頂ければ幸いです。
            また、私の大学の専攻もこの分野ではありません。
            ただ、様々な書籍で知識は取り入れてきました。

            スピリチュアルを受け入れがたいお気持ちもよくわかるのですが、
            もし内容に納得できる部分があるのであれば、
            そのまま受け入れてしまうのも一つだと思います。

            NLPでもセルフイメージの大切さが説明されていますので、
            ご参照頂ければと思います(^^)

            また、いじめに関してですが、
            自己否定はしていたものの、「自分を大切にする」「自分はいじめに合わない」
            という価値観を持っていたからだと思います。

          • 子供に伝えたいという記事でセルフイメージが高ければいじめに合わないと言ってましたがこれはスピリチュアルの世界観ではいじめの加害者、被害者共に自己否定に囚われたもの同士で起こるとされています。主さんはセルフイメージが低く、自己否定をしていたと言いますがそれでもいじめに遭わなかったのはどうしてだとおもいます?

          • 質問に答えていただきありがとうございます。この記事に書かれている事はスピリチュアルを勉強して書いたということですね?この記事がスピリチュアル一切抜きの脳科学、心理学のみで書いていると言って欲しいところです…あなたの言っていることは凄く納得出来ることでもあるのでスピリチュアル抜きでと言って欲しいのです。

      • あともうひとつ聞きたいのですが主さんは子供の頃から自己否定してましたか?
        せるぷろについてという記事で自分はセルフイメージが元々低いと仰ってましたがそれは自己否定するほど?それとも自己否定まではいかないレベルですか?

      • そうですか。主さんはスピリチュアル肯定派なのですね?自分はスピリチュアルは胡散臭く感じてますのでこのサイトはスピリチュアル抜きで書かれていれば嬉しかったのですが…自分は色々とスピリチュアルのブログやサイトを拝見してるのですがスピリチュアルの記事に書かれている事とこのサイトの記事が少し被ってたので聞いてみたのです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です