実はあなたは変わりたくない

こんにちは!高岡です。

早速ですが、あなたは変わりたいですか?

この世では、たっくさんの人が
今の自分を変えたい
自分の性格を変えたい
今の環境を変えたい
もっと良い人生を生きたい・・・!

そんな変化を望んでいますよね。

僕もこれまで、軽く3,800万回くらいは
変わりたいと思ってきました。

仕事で壁にぶつかって、挫折しかけた時。
女の子にモテなくて、自分がダサくて仕方がなかった時。
天才的に賢い人と会話して、
自分ももっと頭がよくなりたいと思った時。

トムクルーズが映画で無理難題を
クリアしていくシーンを見た時。
ブリーチで愛染惣右介が圧倒的な力を見せた時。

こうやって、映画やマンガに影響を受けることも、
もちろんありますよねw

でっかい壁にぶつかった時や、
とてつもなく憧れる存在と出会った時。

人は変わりたいと思うわけです。

そして、変われないわけですw

 

あなたは変わりたくない!

こう言われると、どうでしょう?

「いやいや、そんなことないから」
そう思ってしまいますよね!

それでも、人って、
「変化すること」に強烈な抵抗を持っています。

どれだけ頭の中で「変わりたい」と思っていても、
心の奥底ではめちゃくちゃブレーキを踏んでるんです。
「絶対に変わるもんか!!」って。

僕もこれまでセルフイメージを変えるために
いろーーーんなことを試して、
頑張って、努力して、変わると決めて、
変化を生み出してきました。

もちろん、地道な努力を重ねることで
ちょっとした変化は起きるんですけど、
すぐに元に戻ってしまうんですよね!

そこで心が折れてしまうわけです。
「おいおい、こんなに変わりたいと思って
これだけ努力を重ねてるのに、全然変われないYO!」って。

でも、ある時にふと気づいたことがありました。
それはベッドでウトウト眠りそうになっていた時です。
他にも、同じく飛行機で移動中にウトウトした時にも
同じように再認識したことがありました。

「あれ、おれ変わりたくないって思ってるじゃん」とw

おそるべき、愛すべき〇〇〇〇〇〇〇

どうしてここまで人は変わりたくないのか?

それは、本来人間に備わっている、ホメオスタシス
言い換えると、「現状維持機能(メカニズム)」が原因です。

本来は、生きて行くために体温を一定に保ったりと
自分を守るための機能です。

これが身体機能だけじゃなくて、
本能的に、精神的にも変化に抵抗してくれます。

こいつが本当に強力なんですね。

どれだけ頭の中で「変わりたい!」と思っても、
「いやいや生き残るために変化しちゃダメ!!』と
全力で抵抗してくれるわけです。

これが、多くの人が変われない理由です。

そして、この現状維持メカニズムは、
あなた自身だけではなくて、他人の中にも存在しています。

そのため、あなたが変わろうとするとき、
あなたが変わることで周りの人の環境が変わってしまうため、
他人も全力であなたの変化に抵抗してきたりします。

あなたもこれまで変わろうとした時、
他人をブレーキに感じたことがあるかもしれません。

もし、上手くちゃんと変化を生み出したいなら、
この自分の中の「現状維持メカニズム」に気づいて、
変化への抵抗を受け入れる必要があります。

「おれは(私は)変わりたくない!」と言ってみる。

面白いメソッドがあります。

「変わりたくない!」と言ってみるんです。

モテたいと思っている人は「モテたくない!」
お金持ちになりたい人は「お金持ちになりたくない!」
美人になりたい人は「美人になりたくない!」

こうやって、頭の中で考えていることと
逆のことを、何度か声に出してみると・・・
妙にしっくり来ないでしょうか?

これが、心の奥底での変化の抵抗ですw

あなたが中々変われない時に、
間違いなく心の中で「変わりたくない」と
同時にブレーキを踏んでしまっています。

これが、多くの人が変われない理由です。

どうやって変化を生み出していくのか?

さて、中々変われないのは、
決してあなたのせいでは無いんです。
これは人間に備わっている本来の機能です。

とはいえ、変化を生み出して
現実をどんどん良い方向に変えていきたいですよね。

そのために、やるべきことは大きく3つあります。

・変化への抵抗を受け入れる
・付き合う人・環境を変える
・毎日新しい思考回路を作っていく

この3つの要素を理解して、
行動を重ねていくことで、
上手く変化を起こしていくことができます(^^)

まずは自分の中の変化の抵抗を、見つけてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です